人気が高まってきた施術

女性

母斑は大きく深くなる

チャームポイントに見えることもあれば、ウィークポイントとなることも多いのがほくろです。特に顔に沢山ある場合、ないほうが良いと考える方が多いかもしれません。黒色のほくろはコンシーラーで隠すのは難しいですし、時間と共に盛り上がってくることもあります。盛り上がってくると余計に気になり、思わず触ってしまう機会も多くなりがちです。外部の刺激により度々出血する場合などは、日常生活に支障が出るという理由で保険診療で治療が受けられます。気になる場合は皮膚科などに相談するといいでしょう。しかし、一般的にほくろ治療は自由診療で、美容クリニックでも行っています。これまでメスを使用して病理部を切り取る切除法や、医療機器でくり抜くくり抜き法などが一般的でしたが、レーザー機器の登場によって手軽に施術を受けられるようになりました。レーザー機器はシミや脱毛など、幅広い施術に活用されている医療機器です。美容クリニックでは多種多様な施術にレーザーを駆使しているため、高い技術で治療してもらえることが期待できます。自由診療といっても、小さなサイズであれば5,000円程度が相場です。敷居が高かった美容クリニックも、アンチエイジングが浸透することによって、様々な美容治療が一般化してきました。そこで今までさほど気になっていなかったほくろを取りたいと考える方が増加してきたのかもしれません。いまやほくろ治療は珍しいものではなくなってきています。ウィークポイントだと感じているのなら、除去するのも一つの方法です。ほくろ治療に用いられているレーザー機器は、炭酸ガスレーザーです。細胞の水分に反応する光の波長が出る機器なので、ほくろの水分をほぼ一瞬で蒸散させられます。黒など色の濃いものに反応する一般的なレーザーとメカニズムが違い、細胞の取り残しの可能性を最小限に抑えられます。そうはいっても、炭酸ガスレーザーも完璧ではありません。傷痕のことを考えると、深く削り過ぎるのは禁物です。美容クリニックでは傷痕を残さないように考えて削るので細胞が除去しきれず、いずれ再発する可能性があります。ほくろは境界母斑と複合母斑、真皮内母斑の3つに分けられ、時間経過と共にこの順番に変化していきます。始めは真皮と表皮のつなぎ目に出来ていた境界母斑から、真皮にまで達する真皮内母斑になっていくのです。真皮内母斑は皮膚の中に沈んでいくのではなく、細胞が増えていくために、皮膚の上にも盛り上がっていきます。また、直径も大きくなりがちで、色は褐色や肌色のことも少なくありません。母斑は後天性のものが多く、メラノサイトに似た母斑細胞が増殖してほくろとなって現れます。紫外線が原因ではないかという意見は少なくないですが、未だにはっきりしたことはわかっていません。多くは良性なものの、悪性腫瘍の中にはほくろのように見えるものもあります。美容クリニックでも皮膚科医が使うダーマスコープという特殊な拡大鏡を使って診察し、悪性ではないかを確認します。もし悪性であればレーザー治療は受けられません。皮膚科専門医に治療を任せることになります。

主流の除去方法

看護師

美容クリニックのほくろ治療は炭酸ガスレーザーを主に、根の深いものには切除縫合法を用います。レーザー施術はカウンセリング当日に行い、通院も必要ありません。根が深いものを施術する場合は再発リスクが高いため、保証制度を設けているところもあります。

詳しく見る

適切な施術の受け方

顔に触れる女性

ほくろの治療はクリニックを利用すれば受けられますが、傷跡が残りやすいためアフターケアがしっかりした所を選ぶべきです。施術方法は複数あるので症状に合わせたものを選べば、気になるほくろの問題をきれいに治せます。

詳しく見る

美容クリニックでの切除

女性

美容クリニックでほくろ治療をするときはカウンセリング日を予約します。レーザー治療は当日できることが多いですが、切除縫合法は日を改めることが少なくありません。施術にかかる時間は30分程度で、終わったら説明を受けてすぐに帰れます。

詳しく見る

Copyright© 2018 コンプレックスのほくろを治療で除去【傷痕を残さない】 All Rights Reserved.